メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

2018/03/17  14:51
10
8
81hE5-H4FFLSL1378_.jpg

【概略】
シーザー率いる猿の群れは、森の奥に砦を築き、身を潜めていた。そんなある夜、奇襲を受けて妻と年長の息子の命を奪われたシーザーは、復讐の旅に出る。
SFアクション

.5★★★☆☆
そして、猿の惑星になる。
多少のこじつけもありますが、うまく昔のシリーズとつなげた感。
このシリーズはとにかく主人公であるシーザーが織りなす人間ドラマならぬエイプドラマが中心だと思ってる。彼の足跡は今回も壮絶で、しかし少し老いたせいもあるのか、「怒りや復讐心」といった心の闇の部分がクローズアップされているのは目新しかった。清廉なだけのエイプではないんですよね。考えてみれば、NO!という原点から始まったのだから当然か。
ただ復讐心はあっても、決してコバのようにはならないという良心の揺れは良く出ていたように思います。
そして相変わらずアンディ・サーキスさんのモーション・キャプチャーが素晴らしい出来。
序盤から息子ブルーアイズと妻が殺されてしまう。幼い息子コ―ネリアスは助かった。
予告で何度もみた禿げ頭剃ってる大佐は、ノヴァのあの人形のせいで口がきけなくなってしまったのね。そして戦争。人間とエイプが戦っていたはずなのに、同じ人間同士で戦うなど、人間は複雑だが愚かな生物なんだろうね。結局人間の自滅といったところは避けられない話なんでしょうね。
檻からの脱走シーンは面白かった。男と猿だらけの画面に、ノヴァが花を添えていて良かったです。ウイルスの変異で言葉を失うという設定も良かったと思います。
しかし、三部作の完結編というには、ブルーアイズが探し当てた土地を発見してシーザーの死からラストというのは少々もやっとするところもありました。これはシーザーの物語ではあるのですが、直接前シリーズと繋がる要素があったわけではなかったので。ああ、ここがおいおいアレになるんだなとか、そういう「観客に任せる視点」ではあったかなと思う。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ヒロ之 2018/03/17 19:52

こんばんは!

コメント&TBありがとうございました。
このシリーズも見応えが多くあってとても良かったです。
ここまで猿側に感情移入するのも珍しいかもですが、人間の態度があんなんですからね、如何に愚かな生き物はどちら側なのかを明確に表していて、地球が滅びるのも当然だわ、と納得出来ました。
シーザーの生きざまに感銘を受けましたし、彼から学ぶ事も多かったのでは。
そんな気持ちにもさせられるシリーズでした。

リンク変更完了しました。
こちらは使い勝手良さそうですか?
記事移動大変でしょうけど、少しずつ頑張って行って下さい。
コメントアバター画像
maki 2018/03/17 20:10

>ヒロ之さん

こんばんは。
おかげさまで、落ち着けそうです。
そうですね、いまのところ不満といえば、
リンクするときの画面表示が小さいってことくらいでしょうか(笑)
もう年なので表示が小さいと読みづらくって。
だから私のブログは比較的大きめの文字を心がけています。
PCのみで設定しているので、PCから見ている人にはよいと思いますが
スマホとかは、もう知らん(笑)
でもスマホユーザーのほうが多いんだろうなあとは思います。

本作ですが、
やっぱりシーザーの猿生がもう見られないのは哀しいですね。
多くのドラマを生んだその気質、人間との共存という考え方は
素晴らしいものだと思うだけに、ここでシーザー死ぬのかあ~~~という…。
それにしてもやはり人間は猿から進化しましたが、愚かでしたね
選択肢が逆にたくさんあると、色々な考えもあるから、
複雑化しちゃうのかなとも思いました。
でも、大佐が「口きけなくなって野生化しちゃう」ウイルスにかかるのはやすぎ!とそこはちょっと笑っちゃいました。
いかに強力なウイルスでも、人形拾っただけでかかるんかい、と…。
コメントアバター画像
メビウス 2018/03/17 20:55

後はご想像に・・

makiさんこんばんわ♪こちらにもTB&コメント有難うございました♪

旧作に上手く繋がるかどうか・・・自分もそういう部分を気にしながら追いかけていた本三部作でもありますが、同族を守るため時に人間と敵対や共存を模索していたシーザーの人生の物語の側面も結果的には強かったので、旧作のリンク云々よりエイプドラマの方が個人的にすこぶる見応えがあった気がしましたね。

それに無理にまた続編とかで肉付けするよりも、後は観た人それぞれの想像で埋めた方が楽しいかもしれません。
コメントアバター画像
maki 2018/03/17 21:53

>メビウスさん こちらもありがとう

本3部作は、エイプたちのドラマ感が半端なかったですよねー
1作目からゴリラが男前男前言ってる私ですが
2作目ではコバ
3作目ではコバのようにはならないと思いつつも復讐心から敵を追うシーザー
と、巧く映画構成を作り上げていたと思います
猿惑で崇め奉られてたシーザーに、
こんなドラマがあったとは!と単純に見ていても面白かったです。
また人間よりも猿たちのほうが、よりあたたかみがあって、
本当は人間の良心としてそれをみたかったはずではあるのですが
もうほんと、「エイプ、強い」でしたねー。
肉体的にはもちろん、精神的にも彼らのほうが強いのがわかります。
勿論シーザーという強いリーダーがいたからこそ彼らも…というのはわかりますが、シーザーがいなくなるこれからのほうが、
エイプたちにとって困難な道でしょう。
モーリスとかが長老めいた役割になるのかな。
「昔、シーザーというエイプがいてな…」なんて思い出話をしたりするのかもしれません。「もう、シーザー様のことは何回も聞いたよ!」とか子猿たちに言われたりするのかもしれません。

メビウスさんの言う通り、そうやって想像したほうが、楽しいっ うふ
コメントアバター画像
fjk78dead 2018/03/18 01:52

No title

こんちは。
関連記事がブログに画像がないと作者の画像が代用されるようだけど、チャッキーだらけで怖いです。

私、今年、インフルにかかりましたが、病気の罹患ってあんな感じに急なので、人形は凄く説得力ありました。
コメントアバター画像
ボー 2018/03/18 09:14

おさるさん

おさるたちが精巧に動く映画も可能になったのねえと、いまさらながら、ウキキと驚きます。

これ、テンプレが珍しいなと。おもしろいです。
コメントアバター画像
maki 2018/03/18 12:45

>ふじき78さん こんにちは。

確かに怖いですが、
引っ越しした記事が全部そういう仕様なので、仕方ないです;
かといって前後記事だけにすると
昔の古い記事が目立たないのが困りものですね。

それにしてもタイミングよく(大佐が)ウイルスにかかったものです。
息子を犠牲にしてまで罹患者を排除していたので、皮肉ではありますね。
コメントアバター画像
maki 2018/03/18 12:51

>ボーさん こんにちは。

よくよく考えると、1作目のほうが猿らしい顔つきだった気がします。
だんだんと人間ぽい表情になってきてたのかも。
目つきだけでなく。

テンプレ
最初は他のデザインをかなり自分用に改造してたんですが、
そっちが画像中心の少々重たい感じだったので、
すっきりみえるこちらの
白黒レスポンシブルデザインを選ばさせていただきました。
細かい点は改造してます。
ただひとつ、トップの動く(スライダーになってる)新着記事コーナーがいらないんですが、
あそこ、よくよく考えると記事の「タイトル」が入るスペースなんです
だから消せないなあと。うーむ…。
コメントアバター画像
タケヤ 2018/04/07 20:11

こんばんは!

僕はこの3作目だけが(うーーーん)でしたね。
最後は人間と争って、そして主導権を勝ち取っての
終わりとして欲しかったんですが・・・

人間の自滅的ラストはなんか初作と繋がらない
気がするのは僕だけでしょうか?
ちょっと残念なラストでしたね。
コメントアバター画像
maki 2018/04/07 22:12

>タケヤさん こんばんは。

いやいや!それだと、シーザーの意志が翻っちゃうんですよ
私も、シーザーが人間の首取るとこなんてみたくないです;;
結果的には本作での人間との絡みで
シーザーの意志もエイプよりも人間寄りだったことがわかるし
その辺の描写で「人間よりエイプのほうが強い」というのが理解できるし
そういう意味では人間は自分たちで滅ぶ方が良かったんじゃないかと思えますね
実際いまの人類にしたって、
地球もろとも自滅の道を歩んでいますから

私はそこよりも、シーザーが亡くなった後にどうエイプたちが生きていくのか
生活を立て直していくのか、それこそ初作「猿の惑星」にどう近づいていくのかの描写がなかったことのほうが不満でしたかねえ

コメントの投稿

トラックバック

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし - ディレクターの目線blog@FC2

映画 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)』(公式)を先日、に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 なお、ピエール・ブールによる同名のSF小説を原作にした『猿の惑星シリーズ』を新しい解釈で描いた新シリーズの前2作は鑑賞済み。 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります ...

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) - シネマをぶった斬りっ!!

【監督】マット・リーヴス 【出演】アンディ・サーキス/ウッディ・ハレルソン/スティーブ・ザーン/カリン・コノバル/アミア・ミラー/テリー・ノタリー/タイ・オルソン 【公開日】2017年10月13日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。シーザー率いる猿の群れは森の奥深くに秘密の砦を築き、滝の裏側に身を潜めて暮らしていた。そんなある夜、...

『ジグソウ:ソウ・レガシー』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ご注文はうさぎですか??』『はいからさんが通る 前編』『ラストレシピ』『女神の見えざる手』『ブレイブストーム』『猿の惑星 聖戦記』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

東宝シネマズメンバーサービス週間(2017年11月11日~17日)鑑賞8本をまとめてレビュー ◆『ジグソウ:ソウ・レガシー』トーホーシネマズ日本橋6 ▲ローガンっぽい。 五つ星評価で【★★ごくごく単純に殺人マシーンとかは好き】 上手い事、観客をだまくらかして、最終的には「ああ、そこがそうなんね(期せずして親父ギャグになった)」と納得させられる作りにはなってるが、まあ、それ...

「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで… - ノルウェー暮らし・イン・原宿

名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なかなかに納得させてくれてスッキリしたものだったのだけど… (ラストに触れています)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) - 象のロケット

猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。 シーザーは猿の群れを率い、森の奥深くに秘密の砦を築き身を潜めていた。 しかし軍隊の奇襲によって妻と年長の息子の命を奪われてしまう。 軍隊を指揮する大佐への憎悪に駆られたシーザーは復讐を決意し、新たな隠れ場所へ向かう仲間たちから離れることに…。 SFスリラー。