メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ライオン・キング(ディズニーアニメ版)

2018/01/20  20:40
0
0
n_611vwdg4714pl.jpg
【概略】
ジャングルの王者として君臨していたライオンのムファサは、王座を狙う弟スカーによって殺害。ムファサの子供シンバは故郷を追われるが、やがて成長し、父のかたきを討つ。
アニメーション



.0★★★★★
私の一番大好きなディズニーアニメ作品です。たしかにジャングル大帝と酷似とか色々問題もあった作品だけど、これは名作中の名作ですよ。私は大好き、何度みても感動しちゃう。

もうね、だめなのよ…やっばいのよ、涙腺が!こういった父子の物語にめっちゃ弱い…。ハンス・ジマーさんのあのアフリカンな音楽の数々もまた素晴らしかったのよ!キャラクターとしては、スカー叔父さんのあの「けだるい感じ」がなんだか凄く好きなんですよねー!!(オリジナルはジェレミー・アイアンズさんとあとで知って納得しちゃった)

プライドランドを治めるムファサ王の息子シンバは父の背中をみながらいつか王になる心構え「生命は永遠に受け継がれる」という自然の理念を毎日遊びながらも学んでいた。ところがシンバの叔父スカーが王座を狙い父を殺してしまう。国を離れ逃げ出したシンバは新たに出会ったかけがえのない仲間と「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」の歌に勇気をもらい、たくましい若者に成長し王国を取り戻すという物語。

王道なんだけど、その王道がまたいいのよー!なにせ父であり王であるこのムファサがめちゃくちゃ偉大なんですよね。ヌーの大群が暴走するシーンは音楽も合わさって劇的で圧巻。

確かに、ハクナマタタ♪と楽しく暮らしていただけのシンバが偉大な王として再臨するというのはやりすぎでもあるけどアニメだしね!あの、ハクナマタタのシーンでいつの間にか成長しているシンバのシーン凄く好きだな。

「自分の中にムファサ王をみつける」のも凄くよかった。責任から逃げ、ムファサの息子だという事からさえも逃げていた。全てを認め本当の自分を取り戻すシーンですね。「あの星になってみんなお前を見守っている、お前の中に生きている」というムファサの前半での言葉がいきてきます。とくに物語と関わってくるわけじゃないんだけど、ラフィキ老(老マントヒヒ)が幼いシンバの画にタテガミをつけたすシーンも感動できちゃうよね。

サークル・オブ・ライフ、命は巡る。冒頭と同じ終わりかたなのも自然の輪廻を表していていいですね。

挿入歌では…テーマ「Circle of Life」、スカー様の「Be Prepared」、ティモンとプンパァ「Hakuna Matata」、ムファサの「Remember」なんかが凄く好きです。ほかにも普通のBGMなんかでも鳥肌が立つような部分もあります。大好きです。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿