アニメ・CG・人形劇

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

【概略】
人気RPGゲーム「FINAL FANTASY XV」と同じ世界、時間、キャラクターで描かれたフルCGアニメ。長い間争い続けている魔法国家ルシスとニフルハイム帝国。ルシス国王直属の特殊部隊・王の剣のニックスが、国の存亡を懸けた戦いに立ち向かっていく。
アニメーション



.0★★★☆☆
これみてないと、FF15が完全「ドキッ★男だらけのドライブキャンプ三昧」になっちまうってことで見ました。

FF7ACの映像作品ではラストそこから来るかぁぁぁ!?ってのがあったのと、世界観にゲームとの微妙な差(違和感)があったのが記憶に新しい。

ホストFFと言われてる15…暢気にキャンプでレベルアップしてる場合じゃないぞ。

ストーリーは、長い戦争で疲弊したルシス王国と、戦争状態であった帝国とが和平に望みます。帝国属領テネブラエの令嬢を王国王子へと嫁がせること、首都以外を帝国領とする事が条件です。ですが帝国は暗躍していて…という感じ。王の剣(魔法を使えるルシス王国の精鋭部隊)のひとり、ニックスの視点からみた物語ですね。

このジャケット画像だと、ニックスがベン・アフレック化してますが、作中ではそれほどではありません。

映像は本当に美麗で、流石にすげーとポカーンでした。人?CG?って思ったところもあり。ストーリーは王道のFFで、ただ映画的な見せ方が悪いのか少し演出に難アリな部分も見受けられて。でもワープアクションは確かにかっこいいです。

しかし結局のところ、本編(ゲーム)FF15をプレイ予定の人の予習用映画の域から出ない作品であり、一本の映画としては中途半端で無難な作りになってしまっている気がする。ゲームが、シナリオがすげー短いと思われるていうか、展開はもう、シナリオ途中で打ち切られて発売したよねレベルなので、色々あとから補完しなきゃならん感じなので、プレイする予定の人なら絶対これみたほうがいいとは思います。そんな感じ!

「後は頼んだぜ、未来の王様…」で締めて、その後のエンドロール後のホストメンのドライブがすげー違和感だわ。未来の為に、文字通り命を尽くして戦ったのに、本編(ゲーム)ではちゃらめキャンプが始まるからね…。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング
関連記事
( 最終更新日: 2018/03/14 Wed )
  • コメント: 0
  • トラックバック: 0
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する