メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ザ・マッドネス 狂乱の森

2018/02/11  20:22
0
0
n_626eclr0019rpl.jpg
【概略】
森で妹が穴に落ちてしまい、兄は男女4人が乗る車に助けを求める。車に残ったふたりの女性は警官を呼ぶが、やって来た警官は変態警官だった…。
ホラー



.5★★★☆☆
珍しいイスラエル産。ナタリー・ポートマンの出身地だってのは知らなかったなあ。
なんだろこれ、ある意味斬新?スラッシャーホラーとも言い切れないなあ。登場人物は次々と死んでいくんですけれども、その死に方ってのがまあ…ブラックコメディ?としかいいようがないというか。てっきり殺人鬼が皆を殺してくのかと思えばそうではないところが面白い。
地雷で爆死したり、勘違いや、言い争いの果てに殺し合いを始める主人公達。殺人鬼…途中で寝てるんですけど!?
禁断の恋に落ちた兄妹、森林警備隊の男性、殺人鬼、テニスの試合会場に向かう4人の男女、妻への電話をかかさない警官、変態警官、さあ役者は揃った。森の中で起こる事柄は何でそうなっちゃうのとそれぞれ呆気にとられるものの、なかなか面白く出来ていて楽しかったですね~
どんな結末になるのか全く予想がつかない作品になってましたね。気の毒なのは勘違いで殺された森林警備隊の男性。手当てしようとしただけなのに…しかも殺され直後の妻の妊娠報告には愕然。
自滅モノといっていいのかな。この森の中では自制心みたいなものが消えうせてしまうようです。人の嫌な面を強調させるというか。見事に殺しあいでみんな自滅してくれるので、ある意味で清々しかったです。兄妹の最後はちょっとわからんちんだったんですけど。
ラストで殺人鬼が1人で森から出てくるのも笑えるというか。しかもヒッチハイクか!(笑)
黒髪ポニテ金髪と3人の女性陣はとてもきれいでした。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿