メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

インシディアス

2018/01/12  21:34
0
0
n_62710drj20583rpl.jpg
【概略】
ルネと夫のジョシュは3人の子供たちと共に新居に引っ越してくる。ところが、引越し後間もなく、おかしな現象が起き始め…。
ホラー



.0★★★★★
こういうの好き。「ポルターガイスト」を思い起こさせますね。特に目新しい部分はないのですが、オーソドックスな心霊モノですよね。

引っ越してきた矢先、主人公夫婦の長男ダニエルが昏睡状態に陥る。怪現象も起こり更に引越しするも、引っ越し先でも怪現象は収まらない…。彼らの背後に潜んでいるものとは?

定番のホラー演出自体も実際のところそう怖くはないのですが、設定がいいですよねー、こういう感じは好き。可笑しな霊媒たちも好感触、ダレ場もなくテンポもよいので飽きません。また冒頭とEDの不協和音がいい感じ。白黒ではじまるOPも雰囲気がでてますね。

とりつかれているのはダルトンであると霊媒の女性が詳しく説明してくれるので非常に分かり易く、納得がいくもの。また霊媒を退けるジョシュの気持ちもわかる(まあそういう展開が王道ではあるけど)しかしそのあと、ダルトンの絵が赤く黒い目の悪魔や幽体離脱状態を描いていたのがわかり、ジョシュも霊媒らを信じてみる気になるんですね。

ジョシュの母親がやけに物分かりいいと思ったら、かつてジョシュの身に起こった事があった。少しずつ近づいてきてる老婆の悪霊はアレは怖いわ!!

一瞬だけ映る悪霊の存在の演出なんかも普通なんですが、レトロな親子霊だとか、意味不明な点が不気味さを増大させていると思う。

結局のところ、霊媒を介して幽体離脱体質であった父親が息子を取り戻しにいくのですが、悪魔の姿が痩せたダース・モールそっくり…あれが向こうの「怖い」姿なんでしょうか^;

ラストはやっぱりかと思いつつも衝撃的でした。あの悪魔じゃなくて老婆だったところが怖い~。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿