メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

殺人漫画

2018/01/13  10:02
0
0
n_1067mpf11591rpl.jpg
【概略】
ある日、WEB漫画の編集長が変死体で発見される。担当刑事のギチョルは、編集長が担当していた女流漫画家ジユンのWEB漫画に、編集長の死が予言のように描かれていたことに気づく。その後も彼女のWEB漫画で描かれる死が次々と現実となっていくのだったが…。
ホラー



.0★★★★★
WEB漫画が、そのまま殺人現場となる。

当然漫画家に容疑がかかるが、自殺と断定せざるを得ない状態で、そんな事件が立て続けるに起こる。漫画の不気味な絵柄と実際の事件、二つを繋ぐものは一体…?

自己保身のための人間の浅ましさや心の闇の部分が良く出ている作品でした。ホラーなのかサスペンスなのか微妙な作品ですが、冒頭から掴みはOK。

女漫画家に疑いがかけられるが、彼女は彼女で実は漫画は盗作だったと主張。死者の声を聞きそれを描く能力を持つ少女チョ・ソヒョンの存在を知った、スランプの漫画家カン・ジユンが、知らずにネット経由で送信されてくる彼女の作品を盗作したのが事件の始まりだった。

次々と明かされていくそれぞれの隠し持った過去。それが勝手に漫画にされ、死に様まで描かれている(人に言えない過去がちょっと度が過ぎてるけども)。これ面白いですよ~。えっこいつも、こいつもか、と結局みんな何かしら罪を背負っている。

タクシー運転手の都市伝説みたいなシーンがあったり、怨霊に傾くと思えばサスペンス・ミステリーだったりとゆらゆら小忙しい作品ですが、ただ恐ろしいだけでなく、どこか悲しみの余韻も残りテンポがいいのが心地いいです。

女漫画家はあのまま、怨霊の望むように漫画を描いて生きていくのだろうか。それが欲に駆られた彼女の罪なのかも…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿