メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

黒の怨

2018/01/16  15:15
0
0
n_606rdd33676pl.jpg
【概略】
港町ダークネス・フォールズ。かつて心優しい老女マチルダ・ディクソンが無実の罪で町の人々に虐殺され、以来“トゥース・フェアリー”の別名を持つマチルダの怨念が町をさまよい、暗闇で彼女を見た者は必ず殺されるという伝説があり…。
ホラー



.0★★★★★
良くまとまっていて、OPの雰囲気などでつかみもバッチリ。単純に邦題から怨念ものなのかと思ったのですが、妖精という名の怪物でした。

闇にはいると妖精に襲われて殺されてしまうため、主人公たちは常に光を求めます。闇を恐れるホラーってなんか久々の気がしますが、姿をみてしまうと襲ってくるため、当事者である主人公を襲うときに偶然いた人々も犠牲者に(しかも空から襲ってきますw)。

この怪物がまた警察署でも病院でも大暴れ。実体のある霊の感じですか。このアクティブぶりがちょっと笑えます。

常に光の中を進む彼らをみてると、影だけ踏んで家に帰るとかその逆だとか、そういう遊びをしたことのある小さい頃を思い出しますね。横断歩道の白線だけ踏んで渡るのもやったなあ。

特典で、このマチルダが実在の人物だとわかるのですが…残酷で悲劇的です…あの写真とかも本物なんです…よね?

うーん、面白かったです!!…闇って怖いですよね。いまだに、真っ暗な部屋の布団から足が出せない人間です、私。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿