メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

デビルズ・バックボーン

2018/01/21  21:12
3
0
142754_01.jpg
【概略】
人里離れた孤児院に連れて来られた12歳の少年・カルロス。彼を迎える大人たちの不気味な雰囲気と、どこからか聞こえてくる囁き声に恐怖を感じながらも興味を抱くカルロスだったが…。
ホラー



.0★★★★★
怪奇的というとちょっと違うのかもしれませんが、独特の雰囲気です。どこか幻想チックで、しかしおどろおどろしく奇妙で、湿った感じがするような、そんな感じです。

単純にホラーというよりは、当時のスペインの内情の悲惨さを子供たちを使った悲劇として扱った映画なのかなと思います。

…とはいえ、ラム酒に漬けられた胎児、校庭の不発弾、不気味な大人たち、幽霊の少年と怪奇要素はばっちり。「パンズ・ラビリンス」でもそうですが、スペインの気質なのか、昼間でもどこか暗く、ねっとりとした空気感です。伝えたいことのある幽霊の少年の表現の仕方もかなり良いですね。

悪魔の背骨とは奇形児のことを指します。

この映画に出てくる登場人物は全て戦争の犠牲者。大人の歪んだ欲に犠牲になる子供たちの姿とあのラストに非常に切なくなりました。大人によって無理やり成長させられる子供たちの内面の変化もしっかりと描かれている奥深い人間ドラマでした。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
或る日の出来事 2018/01/21 23:29

No title

「デビルズ・バックボーン」

「パンズ・ラビリンス」(2006年)を監督したギレルモ・デル・トロの、2001年度作品。 これも、よかった。 人間の欲から起きる悲劇に、幽霊話のホラー風味を利かせる。少年たちが主人公の一部であり、また、彼らの演技が自然で、うまい。 「パンズ・ラビリンス」同様、スペイン内戦の頃を舞台にした話だ。 DVD特典に入っている予告編を見ると、ホラー映画のような宣伝をされているが、実際は...
コメントアバター画像
ボー 2018/01/21 23:32

No title

これは、なんだか、すごく好きでした。雰囲気が。
ギレルモ・デル・トロ監督作品ですね。
そのうち、また見てみたいなと思う1本です。
コメントアバター画像
maki 2018/01/22 15:03

No title

ボーさん こんにちは。

同じく、私も好きです。とにかく雰囲気がいいですよね。
また見てみたいなって思うんですが、
なかなかその時間がとれないのがネックというか。
デルトロさんとの相性がいいのはわかってましたが
この作品なんて、キターーーーーーーという感じで
ほんと、なんだか、凄く好きなんです。
ボーさんの記事でノリエガさんが出てたと知って
やはり再見したいなと思いました

コメントの投稿