メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

機械じかけの小児病棟

2018/01/22  16:04
0
0
n_617dz9319rpl.jpg
【概略】
イギリスのワイト島。老朽化のため閉鎖目前のマーシー・フォールズ小児病院。ある時、突然辞めてしまった看護師の後釜として臨時で雇われた看護師エイミーが島へやって来る。到着早々、病院の子どもたちが一様に神経質で何かにおびえた様子なのを訝しく感じるエイミー。そんな中、彼女は難病の少女マギーから、シャーロットという霊の存在を打ち明けられる。不安を抱える少女の妄想か作り話と思っていたエイミーだったが、やがて彼女は数々の不可解な現象に遭遇するのだった…。
ホラー



.0★★★★★
夜間の小児病棟が舞台のオーソドックスなホラーなのですが、思っていたよりもかなりこれ面白かったのでびっくり。そう特別な演出はないのだけれど、良作というところではないでしょうか。

スペイン製作の英国が舞台、通常のハリウッドものよりもどことなく湿り気のある暗さが感じられました。

後半はかなりスピーディ。

暗いエピソードもあいまって設定的な恐怖感は最高に◎。シャーロットの度アップは多少可笑しかったけれど設定だけだとけっこうツボな怖さ(ああいう過去もののフィルムや写真系よわいのです)。

崩れ落ちる回廊で地味に後ろからおいかけてくる(よく見ないとみえませんが)シャーロットが一番不気味だったな~;

ラストは感動で、ある意味で安心してみられるホラー作品。これはお勧め!
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿