メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ヘッドハンター

2018/01/14  13:04
0
0
n_620tdv23029dpl.jpg
【概略】
表向き裕福な暮らしをしているロジャーは、高級美術品の窃盗を生業とする裏の顔を持っていた。そんなある日、彼は高級絵画を所有するクラス・グレーヴェの屋敷に忍び込むのだが…。
サスペンス



.0★★★★★
背が低い所を除けば、ロジャー・ブラウンは全てを手に入れた男だった。成功したヘッドハンターで、美人妻と高級住宅住まい。ただ彼には秘密があった。実はその暮らしを維持するために芸術品を盗んでいるのだった…。

ノルウェー産のハリウッドリメイクが決定している作品です。これもスリリングな展開と独特のユーモラスさでぐいぐいと作品に引きこまれていきますよ。

背が低いことがコンプレックスな主人公ロジャー。長身の美人妻と豊かな生活のため、窃盗家業に身を染める彼の前に現れたのは、背が高く、優秀でイケメンの男で…なんと、妻がこの男とデキてた事を知ってしまう。(°□°;) なんてこったい!

折りしも、その相手クラスの家に忍び込んだ後、その彼が只者じゃなかった(軍の追跡専門の特殊任務についていた)ことから、必死の逃亡劇が始まる。

息をもつけない怒濤の展開。しかも少しコミカルなのが可笑しくて笑えちゃうのだ。いや、真面目に作ってるんだろうけどね。

背が低く小柄なロジャーは、肥溜めの中に隠れられたり、戸棚の中に隠れられたり、メタボなお巡りさんに挟まれていたので崖から車が落ちても助かったり(笑)。なんか、その必死さが笑いに変換される面白さっつーかね。愛犬とトラクターなんかは動物愛護団体大丈夫か?てなもんですが。顔面グロシーンよりも安全剃刀で頭髪を剃るシーンのほうが痛々しく感じたな。

実は産業スパイものの話でもあったんですね。後半のどんでん返しにはびっくりだ。
身長168センチという濃厚なコンプレックスが故に起こった一連の事件。「これで十分満足だ」の一言で全てが丸く収まる作品でしたねー!面白かった♪
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿