メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ラスト3デイズ~すべて彼女のために~

2018/01/18  20:13
0
0
n_613pcbe73754rpl.jpg
【概略】
国語教師・ジュリアンは妻と息子と共に幸せな生活を送っていた。しかしある朝、妻のリザが逮捕され…。
サスペンス



.0★★★★★
容疑者の妻役にダイアン・クルーガー、夫役にヴァンサン・ランドン。妻に課せられた濡れ衣を晴らすというよりも、脱獄させるというものですね。ラッセル・クロウ主演の「スリー・デイズ」のオリジナル作品です。
90分弱という尺もあってかテンポ良くみられる作品でした。

平凡な国語教師の夫が妻のためにどこまで出来るのか…この作品を観たら、あまりにも愛されてて羨ましくなると共に、既に平凡じゃないよ!という気にもなります。まあ妻がとんでもない美人さんですからね(笑)

でもねーこれはまさかの拾い物でした。

しかし警察は何をしているのか。犯人とすれ違った際に血がコートにつき、消火器が落ちてたから拾い、反対側の死体には気づかず車で立ち去る妻。消火器でぶん殴るときの指紋の着き方とただ拾って置いただけの指紋の着き方だって違うでしょうに、反論もなく懲役20年の冤罪とは。しかも後半の車種判明から夫にたどり着くまでが異様に早い。これどういう事?そんな珍しい車種だったのでしょうか?

実際に脱獄の本を読み、著者に会い、全ての家族の絆を断ち切り、資金を用意して、子持ちの看守を殺すことも出来るのか…そして「それが出来ないものには勧めない」と言われる夫、彼が信じているのは妻の言葉だけ。

インシュリンが手放せられない妻が移送されるまでの残りが3日間しかない。ヴァンサン・ランドンさんの哀しみを湛えた瞳と決意を秘めた眼差しで、無言でも想いが伝わってくる。

愛する人のために平穏な日常も家族も全て捨てられるのかと問う本作、終盤の逃亡劇は下手にアクション性をいれなかったのが逆に良かったと思います。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿