メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ミッシング ~50年前の記憶~

2018/01/23  21:43
0
0
n_718ffedr00539rpl.jpg
【概略】
10歳になる息子と花火を観に行った警察官のトムは、数分席を離れていた間に息子が消え、それから何十年も諦めきれずに捜索していた。ある時、息子と同じくらいの子供のミイラ化した遺体が発見されたが、相違があったことから別人と判定される。そして物的証拠を掴むため、子供の遺体を調査していくトムは、もう一つの事件に出会う…。
サスペンス



.0★★★★☆
独立記念日に子供が行方不明になり、息子は生きていると信じ続けるジョン・ハム演じる刑事の父親は必死に捜すが、見つからないまま8年が過ぎた。

ある日、工場現場でミイラ化した子供の遺体が見つかる。しかし、それは50年前に遺棄されていたことが分かる。共通する遺留品から彼は捜査にのめり込んで行く。50年前の事件を追ううちに、自分の子供の失踪事件の真相に導かれて行くのだが…。

知的障害を持つ少年の遺体。いつの時代も、変わらず父が子を思う気持ちは同じであろう苦悩が伝わってくる。

ストーリーは50年前に遡って、ジョシュ・ルーカス演じる3人の子供の父親と、そしてその末っ子で障害を持つ息子を軸に進んでいく。痛ましい事件で、丁寧に描かれていました。音楽も切なく効果的に使われており印象的でした。

50年も前の事件を執拗に追う展開から、50年と言う時間の重みを感じ取る作品なのかもしれないと思います。子供を奪われた親の50年と犯人が過ごした50年が等しいわけは絶対にないのだから。

ジェシカ・チャスティンも出てたのね、地味な作品ではあるのですが、良作だと思います。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿