メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

銀魂

2018/01/07  15:06
0
0
n_6161000697625pl.jpg

【概略】江戸時代末期。宇宙からやって来た「天人(あまんと)」の襲撃を受け、幕府は開国を決意した。天人の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっている。そんな時代に、侍魂を堅持する元攘夷志士・坂田銀時と、剣術道場の息子・志村新八、宇宙最強を誇る夜兎族(やとぞく)の少女・神楽は、「万事屋(よろずや)」を営んでいた。彼らの周囲では数々の事件や騒動が発生する…。
SF時代劇



.0★★★★☆
映画館鑑賞。

空知英秋さんの大ヒットコミック「銀魂」を実写映画化。

これは事前にキャラビジュアルなんかが出ていて、再現率すげえと思ってたので、比較的安心してみれましたねー。とりあえず原作の雰囲気を出そうってのをびしびし感じたのでどのキャラも一定のクオリティを感じる。とくに主キャラを演じた方々は実に伸び伸びと変顔にも挑戦、鼻ほじりもあったりと色々と振り切っていたように感じる。


原作漫画は最新刊まで読んでいる。コメディとシリアスを混合したストーリーで、そこは銀魂らしくて良かったように思う(全編シリアスだと重いし銀魂らしくない)。冒頭のカブトムシを取ろう回とかは夏休み映画らしくて良かったですね。そこでキャラ紹介も出来るし。コメディパートとシリアスパート(紅桜編)に分かれてるわけじゃなくて、全編にわたりギャグ・小ネタありの展開は良かった。

お気に入りのキャラ・神楽に扮した橋本環奈さんはMAX可愛らしくて変顔&鼻ほじりすら愛らしかった。新八そのまんまな菅田将暉さんや、ルパンより銀さんのが似合ってる小栗旬さん、岡田将生さんの桂小太郎は美丈夫らしい美丈夫でしたし、真選組の面々もそれぞれ合っていた。唯一ビジュアル的にうーんと思ったのは、堂本剛さんの高杉。全体的にふっくら顔で目元も鋭くないので、これはこれでありとは思うが、もっと他にもキャストがいた気もする…という…。じゃあ誰だと言われるとわかんないんですけどもね。原作のあんな怖い目をする人物、日本の役者でいるかなあ?

特別、アクションが凄い!とかではないんですが、全体的に銀魂らしさを忘れてない、ここ重要だと思うんだよね。役者さんがたの振り切ってる演技もうるさくなくて、お妙さんの「ドラゴンボールを読みますね」のシーンのとことか笑ったし(そりゃ「ガオンッ」「ビヒュゥッ」とか効果音ばっかりになるよね/笑)。そういえば偽シャアも出てきた。偽ナウシカまで…。そういえば結野アナ(何回も「けつのあなです」と言わせる)はもうちょっと清楚美人系が良かったかな?

正直見はじめの頃、通行人の天人の描写が猫耳つけるだけとか適当だったので不安に思ったが、杞憂だった。この実写映画は8割方成功だと思う(10割成功はありえない)、面白い。原作ファンもほぼ裏切らない良作だった。邦画実写化での成功例の1つかも。オンライン配信のミツバ編も見たかったな~。

ジャスタウェイが出てこなかったのが残念だ。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿