メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

TIME CRIMES タイムクライムス

2018/01/08  09:30
0
0
1400141986_main_l.jpg
【概略】ひょんなことから、1時間前の世界へ舞い戻ってしまった男・エクトル。人類初のタイムトラベラーとなった現在の“エクトル2”が生き残るためには、タイムトラベル前の“エクトル1”との干渉を避けながら、その行動を正しく補完しなければならない。だがその一連の行動が、稀代の殺人事件を巻き起こすことに…。
SF



.0★★★★☆
スペイン映画です、これハリウッドリメイクが決定しているんですよね。リプレイ系サスペンスなので、冒頭から伏線になりそうな事柄が次々と…。

とはいえ、このハサミ男姿は微妙だよね、B級スプラッタ殺人鬼っぽくみえる。顔中を包帯で隠したハサミ男に襲われた主人公が逃げ出した先は奇妙な実験施設。

リプレイ系のものって話がややこしくなってしまうのが多いですが、この作品ではわかりやすい「過去を変えると自分が消える」というドラえもん型パラドックス原理タイプ。

結局は全ての事項がその時の流れ一本でつながっているというものなんですが、主人公が色々やればやるほど事態は悪い方向へ進んでしまうんですよね。ちょっと落ち着けばいいのに、彼は1時間前の自分が妻に近づくのもイライラしているんです(笑)

まあこの包帯男が自分だというのはベタなのですぐわかるんですけれども、それにしても頭に巻いてあんな瞬時にピンク色に染まるかな~?(笑)あの女性だって、あんな包帯男、普通に危ない人だって思うでしょ、一緒に森の奥になんかいかないって^;

エクトルが頑張れば頑張るほど複雑になっていくんですが、手で双眼鏡を作るところなんか、ちょっと笑ってしまった。次第にピンク包帯男が可愛くみえてきます。

結果、妻が死んでしまいそれを変えようと再度エクトルは1時間前に行こうとするのだけど、実はエクトル2が生まれる前にエクトル3はすでに存在していることを科学者から知る。エクトル2がいなければ妻は死なずに済むわけで、彼は他のエクトルを殺そうとするんです。

でもこれは自分自身を殺すというヤバイ事なんですよね。失敗したエクトル3がいう「この計画はみなに知られる」という根拠あたりはよくわからないものの(時間軸が重なれば自分は1つになるんじゃないの?)それは科学者にタイムマシンを自分に使わせない言い訳だったのかもね(お前を殺すといってるわけだし)。

妻を救うため他の女性を犠牲にするわけですがその悲哀も含めてうまく収めましたね。ただ、エクトル2、3はループするんだろうし、エクトル3のその後は気になります。

地味ではありますが、かなり面白かったな~。主人公が若いイケメンじゃなくてハゲた中年というところもまたよかったです。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿