メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2018/01/08  12:36
2
0
n_6161000523027rpl.jpg

【概略】謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。
SFアクション



.0★★★★★
謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。

軍のPR活動に従事していたケイジ少佐が最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出会う…。

最初は雑魚にもやられていても、何回も繰り返す(ループする)ことで、プレイする人のスキルがあがっているという昔のアクション・ゲームを思い出させられますよね。そう、死にゲーです。この気持ちは日本的なのかな?

まさにこのゲーム的という感覚のとおり、何度も同じ日を繰り返し、失敗し、学んで繰り返すことで、他の人には救世主とも思われていくようになるケイジ。しかしこれは孤独で哀しい作業ですよ。

同じ日をループして誰かを救うというネタ自体は鉄板で、色々映画にアニメに漫画に小説にとありふれたものなのですが、それを実にわかりやすく映画化していると思う。

リセットする事で無価値になった「死」も、冷ややかな意味合いのタイトルもなかなかエグい。

いつ終わるかという不安もあるなか、女戦士リタに鍛えられ、序盤の弱々しいトムちんはラストではもういず、そこには戦士として成長した男がいるのである。実戦経験ゼロで「ひゃあ~」と慄いていただけだった男が、戦場での記憶を繰り返し蓄積しながら敵の本陣へ迫っていくという、ちょっと変わったループもの。「自分を変えることができれば世界を変えることが出来る」という監督の思いが伝わるようでした。これはなかなか面白かった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
宵乃 2018/04/10 15:31

こんにちは

いつの間にか記事が…見逃してました!
★5つということは、本当に大好きな作品なんですね。
トムさんの役どころが本当に珍しくてへなちょこっぷりに驚かされたし、一切戦闘経験がなくても少佐にまでなれるんだ~という驚きもありました。
終盤の覚悟を決めた顔は序盤の彼とは別人ですよね。すべて終わって、家族などに「あなた…何者!?」とか言われないか心配です(笑)
あと、まだループ能力が消えてないのか気になります。
コメントアバター画像
maki 2018/04/10 18:50

>宵乃さん こんばんは。

いや、これリリース直後に観たときの記事なので、
単に移動しただけです、昔の記事ですよ。
古い記事にコメントありがとうございます。

>すべて終わって、家族などに「あなた…何者!?」とか言われないか
確かに(笑)
もうきっと顔つきからして違うでしょうから、
「男子三日会わざれば刮目して見よ」状態でしょうね~
ループ能力は最後消えかかっていたはず!なので大丈夫!

トム・クルーズは格好良く強くてたくましい役どころとかが多いですから
こんな、「ひゃああ~~~~」なんてひょろい台詞、
珍しかったですよね。
そしてループの最初の地点の罵詈がなんだか笑ってしまうくらい
ループしまくる展開が、とても面白い!と思います。
うまく映像化された作品だと思います~★

コメントの投稿