メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ゼロ・グラビティ

2018/01/13  11:12
0
0
ゼロ・グラビティ

【概略】
女性エンジニアであるストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーと共に、地球より遥か上空の無重力空間〈ゼロ・グラビティ〉で、システムの修理をしていた。だがスムーズに作業を遂行し終えようとしたその時、彼らに思わぬ危機が訪れる…。
SF



.0★★★★☆
君は生きて帰れ。“必ず生還する"と誓うんだ―。

無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。

まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がりやクルクル回る様にまるで自分がそこに…?という妙な気持ちを抱かされましたよ、これをIMAXシアターで観てた人は、そりゃ~半端ない一体感だったことでしょう!



宇宙空間では人は孤独であることが改めて思い知らされます。ストーリーは簡単にいえば、宇宙での事故から生還する話なのですが、本作でのジョージ・クルーニー兄貴の男前なこと!極限状態においてもユーモア精神を忘れない強い精神力、逞しい生命力。



観客が宇宙空間を感じられるように作られているため、全編を通じて浮遊感漂う中、無音・無重力空間がどんなところなのかを体感できるようになっていて、そら恐ろしくも美しくもあり、やはりなんともいえない孤独の恐怖が胸をつきますね。

マットの言葉、娘サラへの思い、全てを抱きしめてストーン博士は生きることを選択した。なんかめっちゃ感動したー!!

ラストで彼女がすっくと大地を踏みしめて立ち上がった時、ようやくほっとできたほどハラハラもさせられた。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿