メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

捜査官X

2018/01/16  17:08
0
0
n_627bbbf8777pl.jpg
【概略】
山奥ののどかな村で起きた強盗殺人の真相を追い、村を訪れた捜査官のシュウは当時現場に居合わせた職人・リウに対し疑念を抱き始め‥。
アクション



.0★★★★★
ドニーさんがかっちょいいアクションをみせてくれればそれで満足。

ドニー・イェン、金城武共演。のどかな山村に強盗が押し入り、犯人二人がそこに居合わせた男に殺害されるという事件が起こります。殺された二人は指名手配中の凶悪犯。彼らを殺したのは、製紙工場の職人リウ・ジンシー。彼らの死因に疑問を持ったシュウが調べ始めるのだが…と言う話。

いいね、いいね、いいね。ドニーさんの身体に宿る、演技者としての・アクション俳優としての、幾つもの心がきちんと体現されてる様は素晴らしく良かった。表情が全然違う、素晴らしい。ドニーさんは佇まいもカッコイイんだよねえ。

また事件を目撃しているようなシュウの脳内捜査法と、平凡で善良を体現したようなジンシーの過去が次第に明らかになっていく過程も面白い。

前半はシュウ目線の謎解きが飄々とコミカルに、後半は静かな演技をみせていたリウの本領発揮の熱い死闘と、前半後半とで見所も違ってきてそこもユニーク。

シュウの捜査のひとつとして鍼を使うのですが、経絡を指標にして知る部分もへぇ~と思いつつ観ていました。東洋らしい考え方でなかなかこれは面白かった。スローモーションを多用して、急所の経絡を突くとどうなるかの解説付きなのも楽しい。

実はジンシーは凶悪な暗殺組織「七十二地刹」のナンバー2、タン・ロンだったんですね。七十二地刹のメンバーは勝手に抜けた長の実子タン・ロンを連れ戻そうと村を襲うのだけれど、ジンシーは命を懸けてそれを阻止しようとする。

アクションが半端なくカッコよすぎです。さすがドニーさん。ほんともーたまら~ん!って感じになってしまった。ドニーさんに悶えまくる私(笑)義母との戦いが特に痺れたー!ここのチャプター何回も観ちゃった。(*ノノ)屋根の上を疾走する高低さのあるアクションもなんか素敵な画だったなぁ。静から動の動き、何気ない三角壁ジャンプに身体能力の高さを見る。

過去を隠し人生をやり直そうとするが、周囲がそれを許さない。悲壮感漂う彼の姿に、胸打たれること間違いなしだ。

自ら左腕を切り取って組織と決別するジンシー、それを手助けするシュウ。情愛に弱いシュウが情愛に負かされまいと鍼を打ち耐性をつけているが、ラストで流す涙はそれでも人を信じたいと言う心だったのだろうか。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿