メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

スター・トレック

2018/01/20  16:28
0
0
n_608ppf113627pl.jpg
【概略】
自らを犠牲に、800人の乗員の命を救った伝説のキャプテンを父に持つ若者ジェームズ・T・カーク。偉大な父親の道をたどることを決意した彼は、一士官候補生としてUSSエンタープライズ号に乗船する。ところが、宇宙へ出航した連邦艦隊の前に、父を亡き者にしたロミュラン人の巨大宇宙艦が現れ、エンタープライズ号とする艦隊は莫大な被害を受けてしまう。惑星連邦に異常な憎しみを燃やすロミュラン人の目的とは…!?
SF



.0★★★★★
「スタートレック」っていえばマニアックファンがつくスペースオペラの大シリーズ。…が、興味はあるのだけどTVシリーズやら映画やらがたくさんあってなかなか手をだせず…^; この作品は、新生ってことで見る機会が出来て嬉しいです^^

とはいえ超・基本的なST情報は一応はもってます。そこからするとあまり違和感のないキャスティングや、当たり前だけど、頭の中で想像補完していたSF世界が、今の映像技術で表現されてるのは嬉しいところ。また完全な別作品ではなくオリジナルキャラでの「新生」だったのもよかった。「長寿と繁栄を」とかニヤリとしましたね。

冒頭の父親の一連のシーンだけでも期待が持てる感じだったよね。「おまえの父親は12分だけ艦長だったが、800人の命を救った、それを越えられるか」という台詞が妙に胸を熱くさせる。

作品としては、キャラクター年齢が低いのもあって若々しさが前面に出ていたと思います。キャラを知ってると、これがまあ~~随所随所でにやつけるんだわ。それぞれのキャラの出会いもそうですが、主キャラがもうエンタープライズに揃ってるんです。気づくと世代交代のように主キャラへ艦内主力が移行している。自分にならできるってのが多くて、ブリッジのが指揮権が次々変わるのがみていても面白かったですね。

勇敢だが型破りなカーク、冷静沈着だが胸に熱いものを秘めているスポック、辛辣だが率直なドクター、堅実で多彩な操舵士スールー、操縦士で神童のチェーコフ、通信士官の異種言語学権威のウラ、いかな無茶な指示を受けてもそれを常にクリアするエンジニアのスコッティ、など…新人が多いくせにみんな能力それぞれ凄いんですけれどもね、でもめちゃくちゃ魅力的な人物たちです。

興奮したぁぁぁ!最近SF作品がいまいち?だったので余計になのかもしれませんが、これは文句なしに面白かったです!! 評価が高かったのも頷ける出来ばえ。これでシリーズ出して欲しいかも!

オリジナルでスポックを演じたレナード・ニモイさんが老スポック役としてゲスト出演していましたね(…というか老スポックありきのストーリーですが)。ストーリーとしては、タイムワープ歴史改変ありのシリーズですので、そのあたりを上手く使った展開。「ネロの時間改変の結果の世界」なので、「別物」でもスポックとウーラが恋仲でも、カーク船長がやんちゃでも全然オッケーなんですね。

ところで、私エリック・バナさん(敵ボス)と、ウィノナ・ライダーさん(スポック母)全然気づかなかったなぁ…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿