メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

墨攻

2018/01/23  16:14
0
0
n_602asbx3866rpl.jpg
【概略】
紀元前370年頃の中国。趙の大軍に攻め込まれようとしていた梁の王は、防衛の専門集団である墨家に助けを求める。しかし、現れたのは革離という戦術家ただひとりだった。
アクション

.0★★★★★
観終わった後に興奮して寝れなくなってしまいました!

前半:知略を尽くした攻城戦と、後半:関係ドロドロの政治ドラマ。

全編にわたってよくある中国臭(ワイヤーアクションとか不自然な大立ち回りとか)がないですし、とにかく革離役のアンディ・ラウがとってもステキ!

うまくまとまっていた気がします。最初から最後まで、穏やかなのに緊張感とテンション高めな雰囲気でヒロインとの恋愛模様もうるさくない程度に抑えられてたかなと。

革離は全編にわたってかっこよいのですが、凛々しい好青年ぶりで子団も良かった。敵側・巷淹中将軍も素晴らしい人物。牛将軍と王には「あんたなにしてんの!」と観ながら叫びたくなりました。

籠城戦も派手派手しいだけではなくリアルでかつ迫力もありましたし見ごたえあり。跳ね橋~撤兵エピソードあたりでは案の上鳥肌たっちゃいました。

革離のみならず王や農民など人間心理も深くてよくある英雄譚にならない土臭さを感じる迫力ある映画です。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿