メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

キス★キス★バン★バン

2018/01/09  17:47
0
0
6123BECMJ4L.jpg
【概略】初老の殺し屋フィリックスは腕の衰えを感じて引退を決意し、新たな職につくことに。しかしその仕事とは、何と33年間一度も外出することなく過保護に育てられたババの面倒を見ることだった。しかもフィリックスの足抜けを許さない組織は、彼の命を狙うようになり、ふたりはロンドンの街を逃げ回る羽目に…。
ドラマ



.0★★★★★
引退を決めた殺し屋フィリックスが引き受けた仕事は、33年間家から出たことのない大きな子供の子守。

子供のように純真なババと接するうちに、一介の殺し屋から優しい心を持った一人の男である自分を取り戻していく。要はこわもてのオヤジが、父性愛に目覚めていくという話。

世間知らずなババが巻き起こす騒動とそれに振り回されるフィリックスは勿論の事、フィリックスを慕う殺し屋ジミーの影から師を想う姿などにも注目したい映画。
4つの父子(2つは擬似)の物語が登場する。
1.フィリックスとババ
2.フィリックスと彼の末期癌の父親
3.フィリックスと妊娠中の恋人との子
4.フィリックスと弟子のジミー

属する組織(殺し屋の組織も普通の中小企業みたい、会議を開くんだけど工場の掃除のおばさんにうるさい!と言って暴言はかれる/笑。しかもなんだか殺し屋の皆さんもおしゃれだぞ。)や父親(妙に元気なお茶目ジジイ。「死んだふり」とか笑える)、フィリックス、ジミー、ババ、各々のキャラクターがそれぞれ存在感を放ち、最後まで飽きさせないストーリー展開。

「おしゃれ」と「変」が同化している。基本スタイリッシュな構図のカットの映画です。ラストは、悲しさを乗り越え、清々しい感動をもたらしてくれる本当の意味で笑って泣ける稀有な作品。タイトルとピンクがまたなんか可愛いよね。フィリックスの最期の言葉ノートもいかしてる(ターゲットの「臨終名言集」を手帳に書き込んでコレクションしている)。

それにしても若い時のステラン・スカルスガルドがかっこよすぎでしょう!

そしてそしてポール・ベタニー(!)が、フィリックスを慕う弟子の殺し屋ジミーを演じ、いや~この頃ってほんとかっこいいですね!スーツに萌える。惚れ惚れするほどかっこいい&可愛いベタニーが味わえる。クラブでダンスしているフィリックスを少し笑顔で見送るジミーにメロメロ。

殺し屋を引退したことで所属していた組織に狙われ、ジミーをはじめとする殺し屋たちに狙われるフィリックス。でもジミーはフィリックスを慕っているので殺したくないのです。だから逆に殺そうとしているふりをして殺し屋たちを始末し、フィリックスを必死に守っている。フィリックスに「俺は守護天使みたいにいつも側にいた」って言ってたけど、ほんとそうです。

父親と、ババと、フィリックス、ババのガールフレンドの4人で擬似家族のようになり幸せの頂点。ババの子守期間が終わり、それでもババは外の世界がいいと父親の元を飛び出し、フィリックスのもとへ。

しかしババは、呆気なくもフィリックスを狙った銃弾の流れ弾が当たってフィリックスに「ありがとう。世界を見せてくれて」と感謝して亡くなってしまう。そこに阻止しようと駆けつけたライフルを構えたジミーが。彼の犯行と思い込んでしまうフィリックス、フィリックスはジミーのしていることを知らないので、このままじゃジミーがあまりにも可哀想なので、どうやってこの誤解を解くのかと思ってたら…。

「クラブ」(殺し屋の組織)に乗り込んだフィリックス、殺し屋仲間に何発も撃たれて瀕死のジミー、勿論銃撃戦になるんです。グレーの殺し屋スーツを着て颯爽と撃ちまくるフィリックスはカッコイイ。ですが、どう考えたって、2人とも死ぬよね、ここで。ジミーは瀕死だし老いたフィリックスは実際これまでの殺し屋はすべてジミーが始末していて、フィリックスの撃った弾は1発も当たっていないし…。でもこの映画はファンタジーなので、(ジミーの援護もあって)あっさり組織を全滅させてしまうんです。だけど、いよいよジミーを手にかけようとしたときは、フィリックスもすでに息も絶え絶え。早く告白しないと2人とも死んじゃうよ!というところで…。

index.jpg

2人とも撃たれて自分たちの血の海に倒れているときに、ジミーが手帳を差し出す。そこには彼が殺した組織の連中の最後の言葉がすべて記されていたの。こういう小道具の使い方はお洒落だなー。「あんたは俺の憧れ…。あんたみたいになりたかった」ここに至って初めてフィリックスはジミーがどれだけ自分を慕っていたのかを実感するのです。いくら師匠のためとはいえ仲間を躊躇なく次々と殺していくなんてしないでしょう。でも「父」のためなら、する。そういう覚悟がある。ジミーのそれに気づいて、フィリックスは感激にむせぶ。

巨大なぶさいくキリンのぬいぐるみ、紙幣での切り紙遊び、マッチ箱、バリー・ホワイト、初めてのクラブ、大量のニコチンパッチ、守護天使、新しい人生…。

ラストはあのフィリックスの幼いときの写真と重なるような、ババの帽子を被った自分の子とのフィリックスの海でのカットです。ジミーはセクシーな殺し屋の一人カット(シエンナ・ギロリー、若い!)とすっごくいい仲に。

コメディ・ドラマなんだけど、シリアスなシーンもあって、なによりテーマ曲やBGMがすっごくおしゃれで可愛い。CCCDのサントラ買っちゃったよ!

ヤバイこれ凄く好き!すっごくいい映画みた。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿